岡田 悠平
営業職

2005年 新卒
片桐機械 苫小牧営業所 所長
経済学部 経済学科出身

お客様からの「ありがとう!また宜しくね!」「取引出来て良かったわ!」という言葉が自分のモチベーションになっています

現在の仕事内容を教えてください

お客様の会社や建設工事現場へ訪問し、工事現場で使用する機械の提案、見積書の提出、納品の打ち合わせをしています。社内では、主にお客様へ提示するカタログなどの資料や見積書の作成をおこなっています。また、自分は苫小牧営業所の責任者でもあるので、受付や商品手配を担当するフロント部門や、機械整備部門の社員とコミュニケーションを取って、仕事を円滑に進められるようにすることも心掛けています。

これまでで一番印象に残っている仕事はなんですか?

10年近く前になりますが、藻岩山展望台の建て替え工事に携わることが出来たことが印象に残っています。機械の搬入、搬出が目まぐるしく行われ、現場に何日も付きっきりで手配に追われていました。山なので電波が悪く、携帯電話が繋がらないため、現場担当者の方を探しに上から下まで徒歩で何度も往復したので非常に大変だったことをおぼえています。ただ、工事も無事に終わり、当時の現場担当者の方々と今でも仲良く取引してもらっているので、自分に取って大きな財産になっています。

片桐機械で働くやりがいを教えてください

自分は新規開拓営業に非常にやりがいを感じています。取引の無い会社へ訪問し、機械をPRすることで取引に結び付くことが、働く上で一番の喜びです。現場終了時にお客様から「ありがとう!また宜しくね!」「取引出来て良かったわ!」などの言葉をかけてもらえると自分のモチベーションも上がり、さらに新規開拓営業に力を入れて活動出来るようになります。

会社の文化や、一緒に働く人たちの印象はどうですか?

雰囲気が明るく、風通しが良い会社だと思います。上司の方に相談事をしても優しく的確なアドバイスが貰えます。自分も後輩社員には同じように優しく接するよう心掛けています。また、仕事とは関係ない場ですが、飲み会、フットサル、ライブ・映画鑑賞、ドライブ等も計画・実行していますので社員同士の仲は良いと思います。

今後チャレンジしたいことを教えてください

2018年9月に厚真町をはじめとした苫小牧近郊で大きな地震災害に見舞われました。この災害から復旧するには何年もかかると言われています。2018年10月に営業を開始した苫小牧営業所は災害現場からも比較的近い場所にありますので、災害現場に行かれるお客様に向けて当社の機械を提供することで、復興のお手伝いをしていきたいと思っております。