営業
2015年入社

片桐機械株式会社 倶知安支店

社員インタビュー(営業 2015年入社)

今の仕事について

地方勤務ということもありますが、入社一年目でお客様を担当させていただいています。現在の仕事の大まかな流れは、①日中は基本的に外回り。お客様の現場や会社を回ります。②会社に戻り、見積り等の書類作成や伝票の処理。というのが基本の流れですが、現場は思う様に進んではくれないので、急なオーダーやトラブルの対処。営業ですが、現場に出向いて作業をすることなんかもあります。ルーティンワークが苦手な私にとっては、毎日仕事内容が違うので大変ですが、とてもやりがいがある仕事です。

営業職に興味を持ったきっかけ

叔父が建設業の会社を営んでいるので、自然と建設業界に興味を持っていました。現場で働くことも考えましたが、現場を支える立場で仕事をしたいと思い、今の仕事を選びました。営業という仕事を選んだのは、人と関わることが単純に好きという理由でした。新人の私の意見なので軽い気持ちで聞いて欲しいのですが、良いことも悪いこともお客さんの一番近いところで感じられるということが、営業という仕事の大変な部分でもあり、やりがいを感じる部分なのではないかと思っています。

仕事を通じて学んだこと

社会人と学生、仕事と勉強はまるで違います。全て違うといっても過言ではないかと思います。今、自分はまわりの同世代よりしっかりしているであろうと考えている方は要注意です。学生の世界と社会人の世界はあまりにも違うということを認識しておかなければ、私のようにきっと痛い目にあいます。痛い目にあうというのは、何か大きな失敗をしてしまうというわけではなく、自分の甘さが少しずつのしかかってくるといった感じです。脅しているわけではないので安心してください。結局のところ社会に出てみないとわからないので、自分はこんなことも出来ないのかと悲観的にならないためにも、違うということを認識してその都度、吸収して成長していけばいいと思います。最後に、私個人が感じている社会人と学生の一番の違いは、休日の重みです。学生の頃の3倍は休日が楽しみになりますよ。

就職活動中の方へ

大切なのは、程よくリラックスをして自分という人間を見てもらうことです。じつは、私は就職活動期間中に1ヶ月程何もしていない時期がありました。最終選考までは進むのですが、そこで不採用にされ続けました。たった30分で自分の人間性を否定されたような気持ちになり、リセットしようと1ヶ月サボったのです。そして、再開したときには、どうせ30分程度で判断されてしまうのならと、多少投げやりな気持ちもありましたが、何も準備せず自分の思ったことを思ったまま面接で話しました。すると、今までの就職活動が嘘のように、5社受けてすんなり5社から内定をいただくことができました。業種にもよるとは思いますが、私の経験では、頭の良さそうな回答をするより、一生懸命自分の言葉で話そうとする人間の方が、興味を持っていただけると思います。相手に失礼にならない程度に、リラックスして自分の思っていることを言ってみてください。面接の雰囲気も大きく変わると思いますよ。自分をある程度出せれば、悔いも残りにくいのでどんどん自分を出してアピールしてみてください。現在、就職活動に悩んでいる方に参考にしていただければ幸いです。