新型コロナウイルスに対する当社対応指針について(第4次)

(2020年5月1日更新)

新型コロナウイルスに対する政府の緊急事態宣言が4月7日に発令されました。これを機に片桐グループでは、社内外への感染被害抑止と従業員の安全確保をより強固に進めることとし、対応指針を更新いたしました。

関係者の皆様におかれましては、ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

片桐企業グループ 新型コロナウイルス対応指針

  1. 片桐企業グループ
    片桐機械株式会社、日建片桐リース株式会社、株式会社レンタコム北海道、
    北海道オフィス・システム株式会社、株式会社レンテック、北海機材工業株式会社、
    太和興産株式会社、カタギリ・コーポレーション株式会社
  2. 期間
    4次期間2020年5月30日までとし、状況次第で内容変更や期間延長を行います。
    ※当初ご案内しておりました2020年4月8日~5月6日より延長をいたしました。
    ※第1次の2月26日より継続して対応しています
  3. 職場における取組
    (1)マスク、石鹸手洗い、換気、消毒のできる範囲の実行
     ・換気は原則として1~2時間(休憩時間毎)に1回5~10分程度の実施
     ・玄関ドアやカウンター等複数の人が触る部分についての消毒
    (2)密集化・密着化・密閉化の回避
     ・5人以上による会議・行事・飲食会は原則禁止
     ・打合は1時間以内、1m以上の間隔、窓またはドアの開放
    (3)レンタル品の消毒
     ・取扱レンタル商品の出庫時に次亜塩素酸またはアルコール消毒
    (4)直行直帰テレワークの拡大
     ・外勤職による直行直帰、事務職のテレワークへの取組強化
    (5)同行営業や出張の制限
     ・複数人による車両乗車の原則回避。必要な場合はマスクと換気の徹底
    (6)時差出勤の利用
     ・通勤混雑の回避、事務所密度の緩和、子の時差登校への対応のため利用促進
  4. 毎朝の体温測定の記録
    (1)出勤する前に自宅検温、37.5度以上の場合は新型コロナウィルスに関係なく休業して下さい。
  5. 風邪の症状が出た場合
    (1)体温37.5度以下の場合でも風邪の自覚症状がある時は自己判断で休業して下さい。
    (2)風邪の症状で休業した場合、熱が下がっても直ぐに出社せず、更に2日間自宅待機して下さい。この2日間は待機特別休暇として有給と致します。
  6. 風邪の症状が無いのに味覚や嗅覚に異常を感じた場合
    (1)味や匂いに異常を感じた場合は状況を会社に報告して下さい。
  7. 児童を持つ社員への対応
    (1)お子さんの風邪等や学校の休校等に対応して社員が休業する場合は、子の看護休暇を利用することができます。対象は中学生までとします。
  8. 緊急時の対応
    (1)北海道でも緊急事態宣言等が発令された場合に、一人暮らしの従業員で買物等が不便になることなどを考慮して、拠点毎に若干の食料や生活用品等を備蓄しておき緊急時に無料で配布致します。
    (2)災害時緊急時の防災セット「レンタスカる」(キャビネット収納)を各拠点1台ずつ設置します。

以上


  • レンタスカる」とは、カセットガス発電機、電池ランタン、ファンヒーター、寝袋、非常食等がセットになったレンタルセット商品です。