経営理念

私達は、企業から生活者までの総合レンタル業を通し、高品質で安全な「価値」を迅速にお届けし、安心と満足を提供するとともに、地球環境への保全に自負と誇りを持つ、北海道のコミュニケーション企業です。

企業ビジョン

価値共有の時代へ
人と商品とシステムが一体となったシェアサービスの推進

私たちは、めまぐるしく変化する社会環境のもとでお客様の様々な要望にお応えし、省力化に繋がるようレンタルという合理的で環境に優れたシステムを提案しています。

物の機能を利用するレンタルは、機能の価値を拡げることで、新たな価値サービスを共有することができます。

私たちは、機能の価値を共有する、人と商品とシステムが一体となった新たなシェアサービスを推進していきます。

キーワード

レンタル計画、始めよう

私たちは、レンタルという合理的な環境システムを、社会・地域・企業・生活者というあらゆる市場に提案しつづけます。

顧客プランの前提にまず「レンタル」がある。「レンタル」から次の新しい価値が創られる。様々なシーンで「レンタル計画」が始まっています。

片桐グループシンボルマークについて

Kマーク

片桐企業グループシンボルマークは1985年の片桐機械創業50周年に制定されました。基本デザインはカタギリの頭文字の「K」がベースとなっています。これに業態を示すものとして、レンタルの「R」とリースの「L」を組み込みました。さらに、次代に対する挑戦企業として矢印を動的にパターン化しています。矢印の進む方向は、お客様と未来への大きな可能性を表しています。