営業
2005年入社

片桐機械株式会社 札幌支店

社員インタビュー(営業 2005年入社)

今の仕事について

日中は営業マンとしてお客様の会社や現場へ訪問し、建設現場で使う機械の提案、見積書の提出、機械納品の打ち合わせを行っています。会社へ帰社してからは、お客様へ提示するカタログなどの資料や見積書の作成、後輩社員とのコミュニケーションを図っています。あまり残業せず、早く帰るように心掛けています。

仕事のやりがい

新規顧客の開拓に非常にやりがいを感じながら働いています。現在取引の無い会社へ訪問し、機械をPRすることで取引に結びつくことが、仕事をしている上で一番の喜びです。当然、玄関先で帰されることも多々ありますが、諦めずに訪問することで取引につながっていきます。ときには取引につながるまで2~3年かかることもありますが、苦労した分、正式にオーダーを頂いたときの喜びは何物にも変えられません。現場終了時にお客様から 「ありがとう!」 「また宜しくね!」などの言葉をかけていただけると、自分のモチベーションも上がり、多少ですが自信にも繋がっています。

後輩の指導で心がけていること

自分はあまり話すのが上手ではなく、言葉だけでは上手く伝えられないので、行動で示していく事を心掛けています。一日の訪問件数を増やすこと、上司に対して自分の意見をきちんと言うこと、皆の嫌がることを率先して行うこと、お客様への接し方など、少しでも後輩の役に立てればと思い、考えながら行動することを意識しています。

今後の目標について

自分はまだまだ未熟で、社内の方に迷惑をかけている部分が多々あります。事ある度に言っていますが、これからも改善していきたいと思っています。また、片桐機械のこと、自分のことを好きになってくれるような新しいお客さんをもっとたくさん開拓していきたいと思っています。